読みもの
ノベルティ 実態調査 見出し画像

ノベルティ を捨てたことのある人の59%が「新品のまま捨てた」経験があるそうです

Date:2022.05.12 
Category: コラム

企業の ノベルティ ってたいてい要らなくなって、すぐ捨ててしまいませんか?そんな疑問を直球で聞くために「ノベルティを捨てたことがある約100人」にアンケートで聞いた結果をプレスリリースで配信いたしました。

調査で判明!ノベルティを捨てた経験がある人の59%が新品で廃棄

ブラノベ!では ノベルティ を受け取る方のことを、より深く知りたい、という想いからノベルティのアンケートを実施しています。この記事では上記リンクの調査結果をさらに詳しくまとめています。ノベルティ製作者の皆さんとチェックしていきましょう!

 

調査❶:捨てられる ノベルティ は”どこまで”使われているのか?

画像1
ノベルティをどのくらい使って捨てたか。「新品のまま使わずに捨てた」が58.8%。文具など消耗品は「少し使って途中で捨てた」が41.2%。「使い切ってから捨てた」が28.1%。雑貨など消耗品でないものは「少し使って途中で捨てた」が41.2%。「壊れてから捨てた」が21.1%という結果に。

 

ノベルティ を捨てた経験のあるうちの、約6割の人が「新品のまま使わずに捨てた」ことがあるそうです。誰かから何かもらう機会は色々あると思うんですが「新品のまま捨てられるもの」って他にありますでしょうか?ノベルティ以外にあまり思いつきません。

 

また、消耗品や雑貨などを最後まで使い切る/壊れるまで使う、ところまで進むノベルティは2~3割程度。まだ7~8割くらいのノベルティが「アイテムとしての役割をまっとうしていない」と言えるのではないかと考えられます。

 

調査❷:企業 ノベルティ を捨てる理由とは何か?

画像2
ノベルティを捨てる理由は...「デザインが好きではないから」が40.4%、「企業名や企業のロゴが入っているから」が32.5%。次いで「実用性が低いから」が28.9%という結果に

ノベルティ を捨てた人の4割近くがその理由に、デザインが好きでない&企業名やロゴが入っていると挙げています。捨てられるノベルティの課題は「デザイン性がないから」、と見えてきます。

 

一方で「実用性が低いから」も約3割と続きます。安くて早くたくさんばらまける。ノベルティはそういう視点で作られているので、もらった側からするとアイテムのクオリティが低く、実用性にも乏しい、というのもうなずけます。

 

なぜ企業 ノベルティは捨てられてしまうのか?

画像

なぜノベルティはいとも簡単に捨てられるのでしょう?要因は、届けるユーザー視点でなく、つくる企業視点が優先されていることと予想します。企業ノベルティの特徴=企業のエゴ(①プロモーション②認知獲得のデザイン)がどうしても入ってしまいます。

 

①プロモーションツールとしての ノベルティ

たくさんの人に配るために、早くて安く大量につくれるノベルティがパフォーマンスが高いのは当然です。よって「企業のノベルティは100円均一に並んでいるような大量生産品に、ロゴや社名を入れるもの」という似たものが再生産されます。

 

②認知獲得目的にデザインされた ノベルティ

ノベルティのデザインで企業のロゴやキャラクターなどを前面に押し出されると、生活者としては「ふだん使い」に扱いづらいケースがあるのは?これは皆さんうなづけるのではないでしょうか。調査結果から分かるように「使いづらいイマイチなデザイン問題」が捨てられる理由のトップとなっています。

 

このような理由から、もらった側の気持ちなんてお構いなしの「デザイン性と実用性に欠けたノベルティ」が量産され、新品の段階で捨てられてしまうというループが生まれます。

 

ノベルティ には、デザイン性と実用性が足りない!

ブラノベのノベルティ、揃っています。

ノベルティ業界はSDGs、サステナブルなど流行りの甘美なキーワードとして並べています。が「新品で捨てられている/アイテムとしての役割をまっとうしていない」モノを量産していたら、制作プロセスがいかに素晴らしくても本質的には意味がありません。この課題と向き合わないといけないフェーズが訪れているのではないか、と感じています。

 

次回は調査結果でさらにわかった「新品のまま使わずに捨てた」超もったいないノベルティの具体的なアイテム名をプレスリリースとして配信したいと考えています。

 


 

マーケティングやブランディングに効く”企業ノベルティ”をつくりたいと思ったら・・・

調査から分かった捨てられる理由は「デザイン性や実用性のなさ」でしたこのニーズにを満たす企業向けカスタムノベルティサービスが、ブラノベ!です。生活者が本当に使ってもらえる、もらって嬉しいノベルティを目指すために、商品開発を続けています。

従来の「おまけ的なノベルティ」とは違う「もらって嬉しいノベルティ」を、ブラノベ!で御社向けオリジナルで制作することができます。

ブラノベ!サービス画像

 

「もらってうれしい/企業ブランディングもできる/サステナブルである」そんなコンセプトで、ノベルティをつくっています。デジタル広告が間違いなく加速していく世の中となります。そんな中でも、変わらず人間が惹かれるであろう、アナログコミュニケーションの価値を活かした顧客体験をつくりませんか?お問い合わせ、お待ちしております。

Author: tetote